葬儀・終活の総合サイト お葬式準備室

お葬式準備室 トップページ 運営会社について

香典返し−返礼品の相場とポイント

参列者に対する返礼品

お葬式の参列経験のあるかたなら御存知かと思いますが、小さめの箱に入ったハンカチやお茶を御受け取りになったことがあると思います。
金額は500円〜1000円くらいのものが多いようです。
お葬式のお返し物全般に言えることですが、参列のみなさんに一律同じものを渡すため、返礼品は最大公約数的な無難なものになることが多いようです。

御香典に対する返礼品

地方によっても異なりますが、いただいた御香典の半分から3分の1くらいの品物をお返しするのが習慣となっています。
お返しするタイミングは大きく分けて2通りあります。

一つは四十九日法要(仏式の場合)が終わったあと、法事が終わった報告を兼ねてお送りする方法です。
デパートなどで取り扱っているのをご覧になったことがあるかもしれません。
個別にお送りするので商品のレパートリーは(1)より格段に広がります。
ただしお送りする相手が多いと大変なので、親しい人には個別の商品、そうでない方には金額に応じて、一律の商品をお送りになられてはいかがでしょうか?
以前は高額な御香典のお返しにいつも羽毛布団が送られてきて困ったというケースをよく聞きましたが、最近は結婚式の影響でしょうか、カタログブックをお送りして、先方に気に入った商品を選んでもらうという方法もあります。

もう一つのタイミングはお通夜・お葬式のその場でお返しする方法です。
御香典をお持ちになる方の9割は5,000円から10,000円くらいなので2,500円前後のお返し物をその場でお渡してしまうという方法です。
お持ち帰りいただくので、あまりかさばらず軽いもの(高級な御茶やお菓子など)が好まれるようです。お返し物の金額は香典の金額に対して一律になりますが、後日郵送する手間隙が省けるので、御遺族の負担を軽くすることができます。
またこの方法の場合、2万円以上の高額な御香典をお持ちになった方のみ四十九日が明けてから御香典返しをお送りしています。

上記以外の方法としては、御香典のお返しはせず公共団体や慈善団体の寄付に代えさせていただくという方もいらっしゃいます。

身内に対する返礼品

これは必ずしも必要でないことが多いのですが、お葬式が終わって親族が帰られるときに2000円〜3000円位のものを御渡しすることもあります。
また密葬の場合、参列が身内だけなので少しいいものを、ということで御渡しになる方もいるようです。
(返礼品は、地方によって考え方がだいぶ異なるようですので、詳しくは地元の葬儀社と相談するといいでしょう)

お葬式マニュアル-身近な人のために

専門家に聞いてみたい!葬祭プランナー検索!

神奈川県 近畿 東海 北陸・甲信越 首都圏 九州・沖縄
お葬式のウラ側葬祭プランナーブログ

トップページ葬祭プランナーとは?お葬式の準備お葬式マニュアルお葬式後の手続きセミナー・勉強会手元供養
お葬式Q&A書籍紹介アライアンスパートナー