葬儀・終活の総合サイト お葬式準備室

お葬式準備室 トップページ 運営会社について

遺言のススメ−相続問題を起こさないためには

子供のいない夫婦

夫婦の一方が死亡した場合、残された配偶者と被相続人(財産を残して死んだ人)の兄弟姉妹(被相続人の親が生きていれば親)が相続人となります。
配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1という法定相続分です。
夫婦で築いた資産を資産形成には関係ない兄弟にも配分しなければなりません。また、兄弟のうち死亡している者がいれば甥や姪が代襲相続人となり、遺産分割する際に問題が起こる場合があります。遺言を書いておけば、全て配偶者に相続させることができ、兄弟姉妹等の協力も必要ありません。また、夫婦別々に相互遺言を作るべきでしょう。

子供たちの兄弟仲が悪い

兄弟仲が悪いと、相続が発生した場合もスムーズな遺産分割協議ができない事が予想されます。遺産の配分をめぐり、ますます兄弟仲が悪くなるだけです。遺言を書いておくことにより、争いの元になる遺産分割協議も必要なくなります。
できれば遺言書の中に、なぜそのような遺言の内容にしたか、以後兄弟仲よく暮らすよう付言を書いておくと良いでしょう。

行方不明の推定相続人がいる

所在不明で連絡が取れない相続人がいると、遺産分割協議ができません。最悪、遺産としての預貯金が一切引き出しできない事態ともなります。遺言を書いておけば遺産分割協議が必要なく、遺言執行者によって預貯金の引き出しもスムーズにできます。

農業や個人事業を経営している

事業用資産(農地、工場など)は後継者に相続させる必要があります。相続できない場合は事業が継続できなくなることもあります。
遺言を書くことによって、後継者には事業用資産を中心に相続させ、その他の相続人には現金などを相続させることができます。
事業に貢献した者には、寄与分を考慮した相続割合にするなどの配慮も必要でしょう。また、事業用負債は後継者に負担させたい旨の遺言も可能です。

内縁の妻がいる

内縁の妻とは、婚姻届が出されていない事実上の妻のことです。たとえ何年同居していても相続権はありません。遺言を書いておけば、より多くの財産を内縁の妻に残しておくことができます

先妻の子どもと後妻がいる

病気がちであったり、障害のある子どもの行く末は心配です。遺言がなければ健康な子どももそうでない子どもも同じ相続分となります。
遺言を書くことによって、障害のある子どもにより多くの財産を相続させることができます。
障害の程度によっては、遺言者の生前、別の成年後見人を家庭裁判所で選任してもらうことができます。また、未成年後見人は遺言で指定しておくこともできます。

孫に遺産の一部を渡したい

孫はかわいいものです。将来の教育資金として預貯金を遺贈されてはいかがでしょう。


相続人がまったくいない

相続人がおらず特別縁故者もいなければ、遺産は国のものになってしまいます。
遺言を書くことによって、生前たいへんお世話になった人や、介護が必要になった際に世話して頂くことを前提に遺産を遺贈することができます。
また、市町村や公的福祉団体に寄付するという遺言も良いでしょう。

事前準備のススメ

専門家に聞いてみたい!葬祭プランナー検索!

神奈川県 近畿 東海 北陸・甲信越 首都圏 九州・沖縄
お葬式のウラ側葬祭プランナーブログ

トップページ葬祭プランナーとは?お葬式の準備お葬式マニュアルお葬式後の手続きセミナー・勉強会手元供養
お葬式Q&A書籍紹介アライアンスパートナー