葬儀・終活の総合サイト お葬式準備室

お葬式準備室 トップページ 運営会社について

会葬マニュアル−焼香のしきたり

仏教では、お葬式をはじめ、さまざまなご法要の折りに必ずご焼香をします。
これはご仏前を荘厳することによって敬虔な心をささげるという意味があります。香は人の気持ちを快くすると同時に、芳香によって身心を清めるといった意味もあります。
香は仏教だけでなくキリスト教(カトリック)の葬儀でも、前夜式などで用いられているようです。通常、近親者の焼香は葬儀式の時間内に行われ、一般会葬者の焼香は告別式開始と同時にはじめられます。

仏教の作法

お焼香の仕方は宗派などによって違いがあります。正確な作法はご導師にお尋ねください。

 

  • @遺族に一礼して焼香台のある仏前に進みます。ご本尊と遺影を仰ぎ頭を下げて黙礼します。
  • A右手で香をつまみます。
  • B額のところまで押しいただきます。(浄土真宗では押しいただきません)
  • C香を香炉に静かにくべます。これを宗派で決められた回数行うのですが、二回目からは額で押しいただく必要はありません。しかし、会葬者が多い場合、焼香は一回だけ行うことが、宗派問わず慣例化しているようです。
  • D合掌礼拝し、最後に遺族に一礼したあと退きます。


合掌のしかた

合掌は仏さまを尊び、供養する気持ちをあらわしたものです。一説によれば、右手は仏さまを表し、左手は私たち凡夫を表すと言います。手を合わせることによって仏さまの境地に私たちが近づけるというのです。いずれにせよ、掌を合わせることによって心が落ちつき、精神が安定するのではないでしょうか。
合掌のしかたは、指と指の間を離さずくっつけて、掌をピッタリと合わせます。そして、位置としては胸の前に、胸にはつけないで少し前に出します。
掌の角度は四十五度くらいで肘は張らず、脇も力を入れて締める必要はありません。肩の力を抜くようにすればよいでしょう。
厳密に言えば合掌にもいくつかの形があるのですが、この形がもっとも代表的なものです。

キリスト教葬儀の作法

仏教の焼香にあたるのが献花です。
花は持参してもかまいませんが、多くの場合会場に準備してあります。根本を祭壇側に、花を手前に向けて献花台に供えます。

手水の儀

@左手に水を注ぎます。
A右手を清めます。
B左手で口をすすぎ、両手を拭きます


神道葬儀の作法

玉串の儀

@玉串を受けたら、案(玉串を置く台)の前に進み、玉串をおしいただきます。
A根本を手前にして、まっすぐに持ちます。次に時計回りに回転させて、向きを変えます。葉先を手前にして供えます。
B二礼
C二拍手(葬儀では音をたてずに拍手します)
D一礼


法要マニュアル

会葬マニュアル

仏壇とお墓の知識

専門家に聞いてみたい!葬祭プランナー検索!

神奈川県 近畿 東海 北陸・甲信越 首都圏 九州・沖縄
お葬式のウラ側葬祭プランナーブログ

トップページ葬祭プランナーとは?お葬式の準備お葬式マニュアルお葬式後の手続きセミナー・勉強会手元供養
お葬式Q&A書籍紹介アライアンスパートナー