葬儀・終活の総合サイト お葬式準備室

お葬式準備室 トップページ 運営会社について

法要マニュアル−神式・キリスト教の法要

神式の法要

納霊祭
神道では、仏教でいう法事を霊祭と呼び、葬儀の翌日に行う翌日祭、亡くなった10日目に行う十日祭以降、10日目毎に二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭、百日祭となります。
この他、仏教でいう年忌に当たるのが式年祭で、一年祭、二年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、五十年祭、百年祭となります。

五十日祭と清祓の儀
五十日祭と合祀祭は合わせて行うのが一般的です。
五十日祭は仏教でいう四十九日と同じで、この日が忌明けとなり、四十九日と同様に親類や知人を招いて盛大に行うことが多いようです。
例祭の後、参列者を料理等でもてなし、引き出物を引くのも同じです。準備の仕方は、四十九日の日程を参考に行ってください。
清祓の儀は、五十日祭の翌日に行います。神棚や祖霊舎(仏壇と同じもの)の白紙をとり、これで忌明けとなります。
当日返し以外の香典返しや、忌明けの挨拶状はこの時期に行います。
清祓の儀の後、合祀祭で亡くなった人の霊璽(れいじ)、仏教でいうところの位牌を祖霊舎に祀ります。
祖霊舎や霊璽の手配は、「四十九日までにしておくこと」を参考にすすめれば良いでしょう。

式年祭
式年祭も仏式と同じように、一年祭から三十年祭までを行い、それ以降はあまり行いません。なお、神式には新盆はありませんが、彼岸に先祖を祀ることは行います。

死亡日を
加えた日数
呼称 法要の内容
翌日 翌日祭 省略することが多い。
10日目 十日祭 親類、縁者、友人、知人を招き盛大に営む。
20日目 二十日祭 遺族・近親者で行うことが多い。
30日目 三十日祭
40日目 四十日祭
50日目 五十日祭 忌明け この日の翌日に清祓うの儀を行う。
親類、縁者、友人、知人を招き盛大に営む
100日目 百日祭 遺族・近親者で行うことが多い。
1年目 一年祭
2年目 二年祭
3年目 三年祭
5年目 五年祭
10年目 十年祭
20年目 二十年祭
30年目 三十年祭
50年目 五十年祭
100年目 百年祭

キリスト式の法要

カトリックでは追悼ミサ、プロテスタントでは記念の集いが仏教の法要に相当します。
特に決まりはないようですが、日本では仏式に倣って、1年、3年、5年、7年や区切りの良い10年目などに行っているようです。

カトリックの場合
カトリックでは3日目、7日目、30日目に追悼ミサが行われます。
その他、毎年11月2日にオール・ソウルズ・デー(万霊節)に追悼ミサを行う習慣もあります。

プロテスタントの場合
プロテスタントの場合は、亡くなった日の翌日、または7日目、20日目などの昇天記念日(命日)に記念の集いなどを行います。


法要マニュアル

会葬マニュアル

仏壇とお墓の知識

専門家に聞いてみたい!葬祭プランナー検索!

神奈川県 近畿 東海 北陸・甲信越 首都圏 九州・沖縄
お葬式のウラ側葬祭プランナーブログ

トップページ葬祭プランナーとは?お葬式の準備お葬式マニュアルお葬式後の手続きセミナー・勉強会手元供養
お葬式Q&A書籍紹介アライアンスパートナー