葬儀・終活の総合サイト お葬式準備室

お葬式準備室 トップページ 運営会社について

法要マニュアル−納骨や四十九日以降の法要

納骨

納骨は、いつまでにしなければいけないという決まりはありませんが、一般的には忌明けの法要にあわせて行うことが多いようです。
また、告別式の当日に行う場合もあります。
納骨には必ず埋葬許可証が必要になりますので、忘れないようにしましょう。
お墓のない場合は、寺院や公営の納骨堂に預ける方法もあります。この場合も、後でお墓を購入して埋葬する時に埋葬許可証が必要になりますので、きちんと保管しておきましょう。

法要

百ヶ日法要
忌明け法要の後、一周忌までの間にあるのは百ヶ日法要です。
現在では忌明け法要の時にあわせて行うか、家族だけで簡単に済ませることが多いようです。

年忌法要
年忌法要は一周忌から百回忌(遠忌)まであります。
年忌法要は一般的には、一周忌から十三周忌までは毎年行った後、三十三回忌で終わりにする例が多いようです。年忌は祥月命日(※)に行えば良いのですが、集まっていただく皆さんの都合にあせて日を早めることはかまいません。
遺族の服装は三回忌までは喪服を着用します。七回忌以降は平服でもかまいませんが、招く側ですから、できれば略礼服の方が好ましいと思います。
法要の手順は四十九日の法要と同じです。
※祥月命日とは、亡くなった日を命日と呼び、月々の命日を月命日、年に一度の命日を祥月命日を呼びます。


お盆(盂蘭盆)

お盆は、釈迦の弟子の目連が、餓鬼道に落ちて苦しんでいる母を助けるため、釈迦の教えに従って多くの僧侶を招いて百味の料理をもって供養し、母を救ったのが始まりと言われています。
7月の15日がその日にあたり、7月13日を迎え盆、7月16日を送り盆としますが、地方によっては月遅れの8月に行います。
お盆の最初の日は盆入りといい、精霊棚を用意して墓参りに行き、夕方に迎え火を焚くか、提灯を下げて先祖を迎えます。
最後の日を送り盆といい、送り火を焚いて送ります。地方によっては、精霊流しといって精霊棚やお供え物を川や海に流し、にぎやかに行います。

新盆
亡くなった人にとって初めてのお盆を新盆(にいぼん)といいます。親類が盆提灯を送る習わしがあり、盛大に営むことが多いようです。
お盆の迎え方は、地方・地域によって違いがありますので、その地域の風習に従うのがよいでしょう。

彼岸
此岸に対する彼岸で、此岸を迷い彼岸を成仏とし、秋分・春分の年二季の7日間に行われる法会をいいます。
最初の日を彼岸の入り、最後の日を彼岸の明けといい、お墓参りやお墓の掃除などをします。


法要マニュアル

会葬マニュアル

仏壇とお墓の知識

専門家に聞いてみたい!葬祭プランナー検索!

神奈川県 近畿 東海 北陸・甲信越 首都圏 九州・沖縄
お葬式のウラ側葬祭プランナーブログ

トップページ葬祭プランナーとは?お葬式の準備お葬式マニュアルお葬式後の手続きセミナー・勉強会手元供養
お葬式Q&A書籍紹介アライアンスパートナー