葬儀・終活の総合サイト お葬式準備室

お葬式準備室 トップページ 運営会社について

仏壇の知識−仏具の飾り方

仏壇に仏具を飾ることを「荘厳(しょうごん)する」と言います。この言葉はサンスクリット語で「見事に配置されていること」という意味で、さまざまな仏具で仏壇を飾って、はじめて仏壇になるのです。
仏具の素材もさまざまで、木製、銅器、陶器、金襴(繊維)、樹脂などがあり、素材によって価格もかなり違います。また仏壇に合わせて、仏具の大きさを選ぶことも大切です。仏壇内のスペースを考えずに漠然と仏具を揃えると、統一性がなく、美しく見えないことがあります。
宗派よって揃える仏具が違う場合もありますので、見事に荘厳した仏壇にするためにも、仏壇店と相談をしながら選ぶとよいでしょう。

仏具荘厳の基本は香炉(こうろ)・花立(はなたて)・燭台(しょくだい)です。組み合わせによって三具足(みつぐそく)、五具足(ごぐそく)といい、これを基本に荘厳していきます。
三具足は香炉、花立、燭台で、中央に香炉を置き、向かって右側に燭台、左側に花立を置きます。
五具足は花立と燭台が対となり、中央に香炉、その両脇に燭台、さらにその両脇に花立を飾ります。
五具足が正式な飾り方ですが、小さい仏壇の場合は三具足ででも大丈夫です。

 

香炉
線香や抹香をたくもので、玉香炉と前香炉があります。小さい玉香炉は本尊前に安置し飾り香炉とします。一般には広口の前香炉を線香を供えるために使います。三本足の香炉は一本足を手前にして置きます。

 

花立
生花を供えたり、常花を飾るものです。

 

燭台
ロウソクを立て、灯をともすもので、火立やロウソク立てともいいます。

 

仏飯器(ぶっぱんき)
仏器(ぶっき)ともいい、ご飯を盛る器です。炊きたてのご飯を供えます。

 

茶湯器(ちゃとうき)
お茶や水を供える器で、毎朝、供えます。
浄土真宗では、原則としてお茶も水も供えません。

 

仏器膳(ぶっきぜん)
仏飯器や茶湯器をのせる横長のお膳です。

 

高杯(たかつき)
高月とも書きます、お菓子や果物を供える高脚のついた器です。

 

リン
リンはリン台の上に乗せて使います。読経の開始を知らせ、読経の調子をとるためにリン棒で鳴らします。音で邪気をはらい、空間を清める力もあります。

 

線香差
線香を入れておくものです。

 

マッチ消
マッチの燃えかすを入れるものです。

 

吊燈籠
吊燈籠は仏壇の天井から吊るして使います。
本尊を照らし、仏壇の内部も明るくします。中の灯は電気灯が使われます。

 

瓔珞(ようらく)
仏壇を飾るために両側につるします。

 

木魚(もくぎょ)
木をくりぬき、魚の模様を入れたところから木魚といわれます。
読経の時に叩いて鳴らします。木魚は木魚布団の上にのせ、木魚バチでたたきます。

 

霊供膳(れいぐぜん)
仏膳ともいい、精進料理を供えます。親椀(ご飯)、汁椀(みそ汁や吸い物)、平椀(煮込み物)、壷椀(煮物やゴマあえ)、高皿(漬物)、箸で構成され、命日やお盆、彼岸などに供えます。
霊供膳を2つ用意する場合は、本尊と先祖に供えるものです。

 

過去帳
亡くなられた方の戒名(法名)、没年月日、俗名、行年(享年)などを、命日の日付のページに記入しておくものです。

 

見台(けんだい)
過去帳をのせる台です。

 

経机(きょうづくえ)
仏壇の前に置き、その上に香炉や燭台、線香差、リンなどを置きます。
元々お経を読むために経本を置いて使ったので、経机と呼ばれています。

 

数珠
数珠は手にかける最も身近な仏具です。

法要マニュアル

会葬マニュアル

仏壇とお墓の知識

専門家に聞いてみたい!葬祭プランナー検索!

神奈川県 近畿 東海 北陸・甲信越 首都圏 九州・沖縄
お葬式のウラ側葬祭プランナーブログ

トップページ葬祭プランナーとは?お葬式の準備お葬式マニュアルお葬式後の手続きセミナー・勉強会手元供養
お葬式Q&A書籍紹介アライアンスパートナー