葬儀・終活の総合サイト お葬式準備室

お葬式準備室 トップページ 運営会社について

仏壇の知識−基礎知識

菩提寺がある場合 仏壇のない新仏の家では、四十九日までに仏壇を購入する場合が多いようです。
仏壇は、必ずしもなければならにということではありませんが、できることなら、用意することに越したことはありません。四十九日の忌明けが済むと、それまで使っていた後飾りをはずし、白木の位牌を本位牌に換えるからです。
それ以外では、故人の命日に合わせた年忌法要の時、お盆やお彼岸に合わせて購入することもあります。

仏壇の形式

最近では、住宅環境などに合わせて様々な種類の仏壇が存在します。
あまり形式のとらわれず、住まいや部屋の形状、置く位置などを考慮して、一番適したものを選んだ方がよいでしょう。
仏壇は材質の違いによって分けられます。

 

塗り仏壇
檜・杉・松などを使用し、漆塗りに緊迫仕上げを施したもの。

 

唐木仏壇
黒壇・紫壇・欅など木目を強調した。荘重なもの。

 

新仏壇
合金やウレタンなどを使用したもの

 

現在はこの他にも、洋間に置いても不自然にならないようデザインされた、家具調仏壇や現代物壇、正座が苦手だったり、困難だったりする場合に便利な椅子式の仏壇などがあります。
仏壇は宗派による違いはあまりありませんが、浄土系の宗派では、きらびやかな塗り仏壇(金仏壇)が多く用いられているようです。


置き場所

置く場所に特に決まりはありませんが、仏間を設けている以外は、居間などの落ち着いたところが望ましいと言えます。
方角としては、北向きに置く説や西向きに置く説、所属する宗派の本山の方向に置く説など様々ですが、あまり気にすることはありません。
ただし、神棚のある家では、向かい合わせに置かない方が無難でしょう。


法要マニュアル

会葬マニュアル

仏壇とお墓の知識

専門家に聞いてみたい!葬祭プランナー検索!

神奈川県 近畿 東海 北陸・甲信越 首都圏 九州・沖縄
お葬式のウラ側葬祭プランナーブログ

トップページ葬祭プランナーとは?お葬式の準備お葬式マニュアルお葬式後の手続きセミナー・勉強会手元供養
お葬式Q&A書籍紹介アライアンスパートナー