葬儀・終活の総合サイト お葬式準備室

お葬式準備室 トップページ 運営会社について

お葬式なんでもQ&A

ガイド:清水宏明

横浜市出身。1973年生まれ。叶_奈川こすもす代表取締役。葬儀に関する社会的なニーズの変化をいち早く察知し、業界を牽引する新しいスタイルのサービスを多数展開する。2011年、初の著書「葬儀のルール」が刊行。
・厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査1級葬祭ディレクター
・全日本葬祭業協同組合連合会認定 葬祭経営士
・東京観光専門学校ライフプロデュース学科 非常勤講師

お盆の迎えかた

お盆はどのように迎えたらよいですか?

(53歳女性)

お盆は正式には【盂蘭盆】といい、古代インド語の一つであるサンスクリット語の「ウラバンナ」を漢字にあてはめた言葉です。
お釈迦様の弟子の一人、目連の母親が死後の世界で餓鬼道に堕ちて飢えに苦しんでいる姿を見た目連がお釈迦様に教えを請い、その教えに従い布施や供養を7月15日に施しました。その功徳により母親は極楽浄土に行くことができました。それ以来、先祖供養の大事な日になったと伝えられています。お盆は7月13日から16日の4日間ですが旧盆は8月13日から16日に行われます。ただし地域によっては15日に送るところもあります。 東京などは7月盆ですが、関西やその他の地域では旧盆で行われています。
お盆の迎え方は13日の夕方に菩提寺とお墓をお参りします。その後自宅に帰って日が暮れてから門口などで迎え火を炊き先祖の霊を迎えます。そして15日の夜、又は16日に、送り火を焚いて盆送りをします。京都の大文字焼も送り火のひとつです。ご先祖様を迎えるには13日の朝に盆棚(精霊棚)をつくり、お位牌を中心に置き、仏具、そうめん、なす、きゅうり等故人の好物を供えます。 盆棚の左右には 盆提灯をおきます。
ご先祖の霊の乗り物として「茄子の牛」「胡瓜の馬」はよく知られていますが、その他には 季節の野菜や果物、ナスをさいの目に刻んで洗ったお米と一緒に入れた 「水の子」、はすの葉に数滴の水をたらした「閼伽水(あかみず)」があります。住宅事情で精霊棚を設けずに仏壇の中にお飾りや、お供えをするやり方も増えています。
死者が出てから初めて迎えるお盆を新盆(にいぼん)といいます。基本的には普段のお盆と変わりませんが、初めてお家に戻って来られるので丁寧にお迎えしたいものです。仏壇のそばや軒先に新盆の白い提灯を飾ります。白い提灯は新盆の家が購入します。間違えやすいのが故人の四十九日にならないうちに前にお盆を迎えた時、翌年が新盆になるので気をつけましょう。
本来は仏教行事だったお盆ですが、働く人は盆休みをこの時期にとり、故郷のある人は帰り、盆踊りを楽しみ、生きている私たちの生活の中に、しっかりと根ざしている、夏の季節の節目となっています。


お葬式に関するQ&A

専門家に聞いてみたい!葬祭プランナー検索!

神奈川県 近畿 東海 北陸・甲信越 首都圏 九州・沖縄
お葬式のウラ側葬祭プランナーブログ

トップページ葬祭プランナーとは?お葬式の準備お葬式マニュアルお葬式後の手続きセミナー・勉強会手元供養
お葬式Q&A書籍紹介アライアンスパートナー