葬儀・終活の総合サイト お葬式準備室

お葬式準備室 トップページ 運営会社について

お葬式なんでもQ&A

ガイド:清水宏明

横浜市出身。1973年生まれ。叶_奈川こすもす代表取締役。葬儀に関する社会的なニーズの変化をいち早く察知し、業界を牽引する新しいスタイルのサービスを多数展開する。2011年、初の著書「葬儀のルール」が刊行。
・厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査1級葬祭ディレクター
・全日本葬祭業協同組合連合会認定 葬祭経営士
・東京観光専門学校ライフプロデュース学科 非常勤講師

医師に入院中の父の危篤をつげられました

父が入院中です。医師に危篤を告げられた場合何をすればよいのですか?また亡くなった時は病院指定の葬儀社にお願いすればよいのでしょうか?

(58歳男性)

まず近親者に連絡をとります。遠方の方には到着までの時間を考えて連絡がとれるようにします。
一般的に近親者とは3親等までと言われています。それ以外でも本人と親しい友人や勤務先にも知らせるほうが良いでしょう。
参考までに、父母や子供・配偶者の父母は1親等、祖父母・孫・兄弟姉妹・配偶者の兄弟姉妹は2親等、伯父(叔父)・伯母(叔母)・甥・姪・曾孫は3親等、いとこは4親等となります。危篤時に連絡する人の電話番号や住所のリストを事前に作っておくと、もしもの時に慌てずにすみます。
息を引き取られた場合、病院の清算や、ご遺体の搬送、関係者への連絡、役所への届け出、葬儀社の手配などやるべき事が沢山あり、何をすれば良いのか分からなくなってしまいがちですが、全て済まそうとせず落ち着いて対応します。
ご遺体の搬送先を決め、安心して任せることのできる葬儀社に依頼します。葬儀社は24時間で受付けているので時間を気にせずに連絡しましょう。
住宅事情等でご自宅に安置できない場合もあるので葬儀社の霊安室等の設備を事前に確認すると良いでしょう。また搬送のみを病院指定の葬儀社に依頼することもできます。病院への清算はその場で済ませてもよいですが多くの場合は後日で大丈夫です。
死亡診断書を病院で受け取り自宅(安置場所)へ向かいます。役所への届出は良心的な葬儀社では火葬許可書を受取るまで代行してくれます。 また病院指定の葬儀社はダメという事を聞きますが、必ずしも悪い葬儀社とは限りません。
しかし家族も葬儀の知識が無い上に、急なことで動揺している中で話が進みますので後々納得できないことや、後悔するケースもあるようです。現在では多くの葬儀社が施設見学や事前相談に応じておりますので比較検討して安心して任せる事のできる葬儀社に依頼する事をお勧めします。

お葬式に関するQ&A

専門家に聞いてみたい!葬祭プランナー検索!

神奈川県 近畿 東海 北陸・甲信越 首都圏 九州・沖縄
お葬式のウラ側葬祭プランナーブログ

トップページ葬祭プランナーとは?お葬式の準備お葬式マニュアルお葬式後の手続きセミナー・勉強会手元供養
お葬式Q&A書籍紹介アライアンスパートナー